トップ > 土木部門トップ > 港湾・空港

業務内容Work

港湾・空港

港湾・空港

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3

 島嶼県である沖縄県では、港湾や空港は、県内外または国外から訪れる人々の玄関口となる重要な交通の要所として、整備が行われてきました。近年では、観光客の増加に伴い、快適性・利便性の向上や観光イメージアップ、離島地域の振興に配慮した整備が求められています。
 港湾・空港部門では、土木設計部の設立当初から、35年以上にわたって沖縄の港湾整備事業・空港整備事業に携わってきました。沖縄県内のパイオニアとして培ってきた広範囲な技術力と体制を活かした技術提案を行うと共に、事業化のための費用対効果分析調査やPIのための調査・資料作成など、新たなニーズに対応した業務にも取り組んでいます。

主な業務内容

  • ・経済調査、貨物調査、自然状況調査、港湾利用実態調査、交通量調査
  • ・港湾長期構想調査、港湾計画、マリーナ計画、港内静穏度シミュレーション
  • ・貨物量等需要予測調査
  • ・事業評価調査、費用対効果分析調査、CVM・TCM等関連アンケート調査
  • ・マリーナ等事業収支調査、港湾等PFI可能性調査、PI調査
  • ・港湾基本・実施設計(防波堤、岸壁、浮桟橋、マリーナ諸施設等)
  • ・波浪推算及び港内静穏度検討
  • ・空港設計(造成設計)
  • ・埋立申請及び各種許認可申請図書作成