トップ > 土木部門トップ > 土質調査部

業務内容Work

土質調査

 構造物の設計において地盤の情報は必要不可欠であり、土質調査部ではその情報を得るため、地質踏査やボーリング調査、室内土質試験等を行います。 地質踏査は、現地の地形の確認や露頭を肉眼で観察し、地形・地質状況をある範囲で総合的に把握することが目的です。 ボーリング調査は、ピンポイントで地盤を掘削して、地質状況や地盤の強度などを確認することが目的です。 室内土質試験はボーリング調査で採取した試料などを用いて、物理的性質や力学的性質を把握することが目的です。 土質調査部はこれらの方法を組み合わせて調査を行い、得られた結果から地盤状況を整理・解析し、設計者が必要な地盤の情報を提供しています。

営業種目

  • ・土木構造物の基礎地盤調査(海上・陸上)
  • ・地すべり地・急傾斜地の地質調査
  • ・地下水状況及び透水性の調査
  • ・各種原位置・室内試験
  • ・その他地質・土質全般に関する調査と試験及び調査計画等

ボーリング作業

ボーリング作業状況
■ボーリング作業状況
熟練した技術者による作業。
スパット台船
■海上ボーリング作業状況(スパット台船使用時)
海上ボーリングに欠かせない足場には水深・地形などに応じてスパット台船・鋼製櫓・単管パイプを用いる。

各種調査及び試験状況

ボーリング作業状況

■地質踏査状況

現位置試験状況

■原位置試験状況

試験種類

◇原位置試験
・孔内水平載荷試験
・平板載荷試験
・現場透水試験
・現場密度試験
・簡易動的コーン貫入試験 他
◇室内試験
・力学試験一式
・物理試験一式

■ボーリング採取試料

室内試験室

ノンコアボーリング

ボーリング採取試料

オールコアボーリング