トップ > 地域とともに歩むトップ > その他の社会貢献活動

その他の社会貢献活動Other social service

当社社員による講演・講習等


首里城公園友の会「首里城周辺めぐり」に社員が講師として参加しました(2016.11.06)

 2016年11月6日(日)、首里城周辺において、「首里城周辺めぐり〜石碑を中心に」(主催:首里城公園友の会)が開催され、当社地域計画部社員・新里涼子が講師として現場解説を行いました。
 同解説会は、首里城公園友の会が主催する地域見学会のひとつであり、新里は、首里城周辺を散策しながら、近年復元された石碑を中心に、碑の内容や復元整備の経緯について解説しました。
その他の社会貢献活動20161106/国建

「デザイナーのための構造セミナー」に社員が講師として参加しました(2012.03.29)

 2012年3月29日(木)、浦添市てだこホールにて「デザイナーのための構造セミナー」(主催:NPO法人沖縄県建築設計サポートセンター)が開催され、当社構造設計部の社員2名が講師として講演を行いました。
 同セミナーは、NPO法人沖縄県建築設計サポートセンターが主催し、県内の建築構造技術の向上を目指して毎年開催するもので、当社社員は「那覇市庁舎の構造設計をとおして」「意匠計画(壁の偏在)と構造コスト+α」について講演しました。
その他の社会貢献活動120329/国建



その他の活動


ブラジルからの研修生を受け入れました(2016.11.07 - 11.18)

 ブラジルで建設コンサルタントにお勤めのMarcos Akira Shinzatoさんが、2016年11月7日から11月18日までの2週間、当社において職場研修を行いました。Marcosさんは、西原町の平成28年海外移住者子弟研修生として来沖しており、そのプログラムの一環として今回の研修を希望されたようです。
 橋梁建設予定地及び道路工事現場での視察研修では、わが国の設計から施工までの流れについて深い関心を示し、様々な質問をされていました。
 その際、丸尾建設様、川田建設様に御協力頂きました。

その他の社会貢献活動161107-1118/国建 その他の社会貢献活動161107-1118/国建
(左:手前右から2番目が研修生のMarcosさん/右:道路工事現場にて説明を聞くMarcosさん(左))

 また別の日には、当社が新規開発計画を策定している現地に出向き、構想図と現地を照らし合せながら計画内容を紹介しました。Marcosさんは、ブラジルではコンストラクション・マネジメント(CM)方式が一般化していることや、ご自身はコンストラクション・マネージャー(CMr)として仕事をしていることを熱心に語り、日本ではCMrを入れずにどうやって技術的なチェックをするのかと心配していました。日本では、発注者である役所職員がチェックを行い、最終決定することが一般的であると説明すると、大変驚いていました。日本でもCMrをとり入れた方がよいというのが彼の意見でした。

その他の社会貢献活動161107-1118/国建 その他の社会貢献活動161107-1118/国建
(左:研修終了後の報告会で、研修の感想とブラジルの紹介をしてくれました/右:西原町より感謝状もいただきました)

 今回の研修が彼のこれからの活動に役立ち、本国ブラジルで、一層ご活躍いただけることを期待しています!!




タイからの留学生をインターンシップで受け入れました (2016.06.27 - 07.01)

 タイのキングモンクット工科大学建築学部から琉球大学工学部に留学中のSippakom Suansalee (Sip)さん、Khunakorn Kocharint (Jai)さんの2名が、2016年6月27日(月)から7月1日(金)までの5日間、当社において職場研修を行いました。
 大学では、Jaiさんは建築コース、Sipさんはインテリアコースを専攻。当社スタッフの案内のもとで、県内の建築作品や史跡などを実際に目で見、肌で体験した上で、最終日にはワークショップとしてホテルの即日設計を実施。インターンシップを通して得た沖縄の伝統・歴史・風土・建築の知識をアジア圏の文化と絡めつつ、自由な視点や発想でクリエイティブにまとめ上げたプレゼンテーションで好評を得ました。お二人の今後のご活躍を期待しています!
その他の社会貢献活動1600627-0701/国建 その他の社会貢献活動1600627-0701/国建
(左:守礼の門を訪れたSipさんとJaiさん(手前左から)/右:最終日のプレゼンテーション風景)




熊本地震「被災建築物応急危険度判定」作業に社員を派遣(2016.04.28-30/05.09-10)

 2016年4月14日と4月16日に発生した熊本地震によって、益城町(ましきまち)や西原村、熊本市内などで多くの被害が発生しました。そして、沖縄県庁から建築士関連団体に「被災建築物応急危険度判定」への判定士派遣要請がありました。
 その要請を受けて、沖縄県内からは24名の判定士が活動に参加しました。弊社からは7名の社員が参加し、第1陣は4月28日から30日、第2陣は5月9日と10日の間に現地で建築物の応急危険度判定の作業を精力的に行いました。
 家主の方々や関係者から感謝の言葉をいただき、少しでもお役に立てた事をうれしく思います。被災された地域の一日でも早い復旧・復興を願っています。
その他の社会貢献活動160428-30/国建

高森町での調査を終えて、熊本県庁職員や他の参加者と記念撮影。




JSCAとしての講演も行っています

 日本建築構造技術者協会(JSCA)の九州支部沖縄地区会は活動の一環として、若い構造技術者育成のため県内の工業高校等において講演活動を行っています。当社構造設計部もその活動に協力しています。
JSCA九州支部沖縄地区会ホームページ




過去の活動一覧(2010年〜)


年 月 日 内 容
2012/03/29 「デザイナーのための構造セミナー」で講演
2011/10/22 第25回トータルリビングショウで古民家業務の報告
2011/6/2-7/1 コロンビアからの国費留学生(カミーロ・フローレス・バスティダスさん)のインターンを受け入れ

ボランティア・寄付活動

株式会社 国建
〒900-0015
沖縄県那覇市久茂地1丁目2番20号
(OTV国和プラザ)
mail : info@kuniken.co.jp
tel.098-862-1106(代表)