トップ > 確かな技術への研鑽トップ > 社内研究・研修活動(建築部門)

建築部門Architectural

社内での研究・研修活動



社内発表会:国建アカデミーズ(2014.01.08)

 平成26年1月8日、国建アカデミーズによる社内シンポジウムが開催されました。

シンポジウムお知らせ(画像が開きます)

 国建アカデミーズは、日常業務をこなしつつ自由に学問研究を語らおうとする社内有志の集まりです。第二回は、韓国蔚山大学より韓三建教授(※1)をお招きし、『韓国の近代都市景観の形成』についてお話し頂きました。
 韓国の国造りの教科書『周礼』から、中央集権国家としての朝鮮都市、邑城の構成、邑城の日本による植民地化を経て、解放後の韓国都市の変容、さらには現在の問題点に至るまで、大変濃密なお話しをして頂きました。
 今回の内容は、韓先生が1990年代前半より取り組まれた緻密な調査に基づいた論文(※2)を基にお話し頂きました。当時は韓流ブーム等が起きる以前であり、韓国国内でも日本植民地時代を冷静に評価し難い状況の中で、建築や都市からの視点だけでなく、政治的、文化的な文脈を丁寧に読み解かれた上の成果であることが印象的でした。
 『異文化の葛藤と同化』というテーマは、沖縄における都市計画、学術研究にとっても非常に示唆的なものであるように感じました。
 俯瞰的に見ると、ある一つの都市がどのような歴史を辿り、現在の都市へと変化してきたのか、という普遍的なテーマでもあり、自分たちの起源とこれからの未来について、改めて問い直す契機になりました。
文責:企画推進室 鮫島拓
120914社内発表会/国建

※本勉強会の開催には琉球大学 清水研究室にご協力頂きました。ありがとうございました。

(※1)1958年 韓国・蔚山市生まれ/京都大学工学研究科博士後期課程修了/主な著書に韓国近代都市景観の形成−日本人移住漁村と鉄道町(2010 京都大学学術出版会, 2013 日本建築学会著作賞受賞)

(※2)韓国における邑城空間の変容に関する研究―歴史都市慶州の都市変容過程を中心に(1993 京都大学)

社内発表会:国建アカデミーズ(2012.09.14)

 平成24年9月14日、国建アカデミーズによる社内シンポジウムが開催されました。

シンポジウムお知らせPDF(PDF:約880KB)

 国建アカデミーズは、日常業務をこなしつつ自由に学問研究を語らおうとする社内有志の集まりです。今回は、建築設計部の川崎・那根、企画推進室の鮫島の3名が国建アカデミーズのメンバーとして発表しました。
 この三人の共通点は、都市・集落を修士論文の研究対象として挙げていることであり、そのキーワードを挙げると、アジア・戦後・沖縄というものが浮かび上がります。鮫島はインドの近代都市をフィールドに都市構造と変容を、川崎は広島の戦後復興期における中心都市の様相を、那根は沖縄県八重山西表島の祭祀空間と集落移動から見た集落空間の構成原理を対象としています。
 国内でアジアに一番近い沖縄と南アジアに位置するインド。
 戦後復興を共に遂げてきたオキナワとヒロシマ。
 時間と空間を超えた3つの研究を同時に俯瞰することで、沖縄の一端を垣間見ることができるのではないかと考えました。
 またこれに続き、沖縄県立美術館・博物館にて開催されたシンポジウム「生き続ける琉球の村落」に事務局として参加し、都市空間に関わる理解を深めることができました。
 以下に、社内発表会の発表概要をまとめて掲載します。

●鮫島拓:
パドリック・ゲデスによるインド バローダBaroda における都市計画に関する研究−保存的外科手術の実践と定着−PDF(PDF:約895KB)

●川崎翔一:
広島・基町における旧軍用地から都市施設用地への転用過程に関する研究−戦後の応急住宅・不法住宅群の形成と整理に着目して−PDF(PDF:約1,006KB)

●那根律子:
祭祀空間と住居移動から見た集落空間の構成原理に関する研究−沖縄・八重山諸島西表島祖納を事例に−PDF(PDF:約1,073KB)
120914社内発表会/国建


社外での講演・報告等


「沖縄未来建築塾」で当社名誉会長が講話しました(2016.06.30)

 JIA沖縄支部が今年度から開催している「沖縄未来建築塾」にて、弊社名誉会長の國場幸房が第一回目講座の講師として招かれ、講話を行いました。

 自身の設計した「ムーンビーチホテル」「県立公文書館」「美ら海水族館」を題材に、沖縄らしい建築のあり方や自然と建築の関係性について、設計コンセプトと設計手法を解説しながら、設計当時のエピソードを語りました。

 講演後には塾生たちとトークセッションの場をもち、若手建築士や学生らと熱い建築議論を交わして活発な意見交換を行いました。

20160520社外発表会/国建
講座に参加した塾生たち 20160520社外発表会/国建
塾生に囲まれて議論する國場名誉会長(中央/後ろ姿)

「JSCA九州 構造デザイン発表会2016」に社員が参加しました(2016.05.20)

 2016年5月20日、福岡県タカクラホテルにて「JSCA九州 構造デザイン発表会2016」(主催:日本建築構造技術者協会(JSCA)九州支部)が開催されました。
 同発表会は、多くの構造技術者に対して、技術的な工夫点等について発表する機会を設けることを目的としており、JSCA沖縄地区会から、当社構造設計部の社員が発表を行いました。
 発表は、当社が手掛けているスポーツ施設の構造設計を通して、「構造設計の立場から意匠へデザインの提案」等の内容について発表を行いました。

20160520社外発表会/国建


活動一覧


日付 内容 詳細
2015/2/6 「平成26年度技術者育成事業 沖縄の古民家について」発表 PDF
2015/1/21 「沖縄の景観、インテリアにおける伝統工芸品の活用に向けた可能性について」シンポジウム発表 PDF
2014/6/14 「麗しき琉球の記憶:鎌倉芳太郎が発見した美」シンポジウム発表 PDF
2011/6/23 1級建築士資格取得に関する講習会その2 10点UPガイダンス
2011/6/21 改正基準法の理解を深める
2011/5/26 環境マネジメントシステム教育(環境ISO対応現場で使える環境法 第4章)
2011/4/27 「避難安全検証法」に関する講習会
2011/3/31 環境マネジメントシステム教育(環境ISO対応現場で使える環境法 第3章)
2011/1/27 1級建築士資格取得に関する講習会その1 学習法ガイダンス
2011/1/24 環境マネジメントシステム教育(環境ISO対応現場で使える環境法 第2章)
2010/12/16 「天空率」に関する講習会
2010/11/25 環境マネジメントシステム教育(環境ISO対応現場で使える環境法 第1章)
2010/9/30 環境マネジメントシステム教育(環境マネジメントプログラムの周知)
2010/4/14 建築構造に関する講習会
2010/2/26 現場の品質管理・講習会
株式会社 国建
〒900-0015
沖縄県那覇市久茂地1丁目2番20号
(OTV国和プラザ)
mail : info@kuniken.co.jp
tel.098-862-1106(代表)